小児歯科

乳歯から永久歯への生え換わりの時期に注意してほしい点で、 早期に乳歯が脱落する場合があります。 それを放置しておきますと両サイドの歯がかみ合わせにより寄ってくることが あります。 そうすると永久歯の出てくるスペースがなくなり、歯並びが悪くなります。そうならないように、当院では、悪化 防止を行っております。川口歯科医院の目標は、子供さん方の乳歯を、健全な大人の歯(永久歯)にみちびくことです。大人の歯の咬み合わせは12歳臼歯(第二大臼歯)が生えて、はじめて完成します。健全な12歳臼歯と咬み合わせ、すばらしい笑顔と口もとを子供さん方に提供することを目的としております。

虫歯を予防する (予防歯科)

乳歯が生えてきたら予防意識を。乳歯は生後6カ月頃に下の前歯から生え始め、2歳半から3歳頃までには乳歯20本全部生え揃います。歯が揃っていくにつれ、お手入れや食習慣次第で虫歯はできますので、まずは保護者の方が、日頃からお子さまの歯に対する虫歯予防意識を持つことが大切です。日頃のケアとして欠かせないのが歯磨きです。理想は食べたら磨くことですが、虫歯は寝ている間につくられるので、せめて寝る前には必ず磨いてください。

また、“磨いている”と“磨けている”は違います。汚れが落ちていなければ、歯磨きしていないのと同じことなので、定期検診などで正しいブラッシングの指導を受け、実践しましょう。歯ブラシを持つだけなら、1歳からでもできます。まずは遊ぶ感覚で持たせて歯磨きを習慣化し、幼稚園くらいまでは保護者の方の手で“仕上げ磨き”をしてあげてください。 当院では、虫歯になりにくく、強い歯にするための効果的な予防策として「フッ素塗布」と「シーラント」を推奨しています。

歯磨きをしても、十分に清掃できずに磨き残しが生じやすいのが奥歯のくぼみや深い溝。こういった場所にシールをして保護する方法をシーラントといい、細菌が住めないようにして虫歯を予防します。

[シーラント]

[フッ素塗布]

フッ素は虫歯に対する抵抗力をつけ、歯の質を強くしてくれます。当院では、1歳前後で上下8本の歯が生えたらお勧めしています。

治療科目

お問い合わせ

〒273-0003

千葉県船橋市宮本8-39-25

​TEL:047-422-8899

Copyright(C)  川口歯科医院 All Rights Reserved.